<本文文章サンプル例>

そこで同じく祈り続けていたアメリカ人ヒーラーと目があった。

「見返りを求めない親切。ただただ与える愛。それが大事な事なんだ」
「全ての物事は最適なタイミングでおこるんだ。遅過ぎるコトも、早過ぎるコトもないんだ」
「神様は乗り越えれるハードルしか与えないんだ」
産まれた国は違っても、考える事は大体同じだ。

その他、
「明日出発して、昨日に帰ってくる事も可能なんだ」
そ、それはまだ理解出来ないけど、そういう事もあるんだね・・・。

「UFOは移動は飛ぶ、のではなく位置するんだ」
UFOにも詳しいのね。すげーな何だよこの人!

そんな風にしばらくアメリカ人ヒーラーさんのスピリチュアルな話を聞いていると、
何だか凄く「魂」が仲良くなった感じになって、するとアメリカ人ヒーラーさんがふいに、
「宇宙、行ってみたい?」と聞かれる。
そりゃ行きたいさ!!

その人は私の頭上部の両こめかみを、両手で抱えた。
「?」と思っていると、私の、意識が、ふいに、消えた・・・。

次の、瞬間、私は、宇宙にいた・・・!!!!!!

深い深淵の世界。そして美しい星が瞬いていて。全てが、全てが煌めいていた。
もちろん全てがひとつで、全てが無限で、全てに時間も空間も無く、全てが位置し、
そして全てが肯定されていて、さらに全ては無で、もちろん全ては愛そのものだった・・・。
間違いなく、ココは、宇宙、だ・・・。

30秒くらい、宇宙にすっ飛ばされて、戻ってきて、普通に、興奮!

「凄いね!この技術、ドコで覚えたの!?ホピ族?ナバホ族?(どちらもアメリカの先住民族の名前)」

アメリカ人ヒーラーさんは真顔で「月からの導きで学んだ」と。

・・・ごめん、このおっさん、マジだ・・・!

でも突然宇宙に飛ばされた私は呆然・・・。
凄いな!私、完全に宇宙を目撃したよ!つーか私自身が宇宙だったよ!
アヤワスカとか、聖なる植物のチカラ借りなくても、普通に宇宙行けるんだ!!!

てゆーか、凄いヒーラーさんになると、「技術は月から学んだり」出来るのか!!!
それに一番驚くわ!!!!!!!!!!!!!!

つづく・・・





TOP